行政か民間か

引越しの際に必ず発生するのが不要品の処分に関する問題です。
不要品の処分は現在、個人的な見解で勝手に行うことができなくなっています。廃棄物処理法や家電リサイクル法といった法律が定められているのがその証拠です。
不要品回収および処分を行う方法は大きく分けて2つに分類されます。
区役所といった行政に依頼する場合と引越し業者や不要品回収業者といった民間に委託する場合です。
回収に際しては両者とも料金が発生しますが、市・役所の場合は行政サービスとしての提供のため、税金によって補われています。
そのため、安い料金でサービスが受けられますが、その代わりに発生するデメリットが多数存在します。
処分品の制限があったり、役所の都合でスケジュールを組まなければいけなかったり、自分で指定場所まで回収品を持ち運ぶ必要があったりなどが挙げられます。
そのため、利用者のニーズに応じた柔軟な対応は期待できません。家庭の事情や状況により利用に至れないケースも多くあります。

引越し業者や不要品回収業者に依頼をすれば、利用者が求める条件に応じたサービス提供が受けられます。
行政に比べ料金は割増になりますが、不要品回収の対象品が幅広いので一気に処分を行うことが可能です。
引越しが伴う場合は特にその土地から離れたり、引越し予定日などの制限が発生します。
行政に合わせたスケジュールでは、利用者が予定通りに引越しを行うことは困難です。引越し業者・不要品回収業者に依頼することの方が、総体的に考えて得策と言えるでしょう。

外部リンク

不用品回収を大和市で依頼するならこちらにお任せください。|株式会社R.M
不用品回収でゴミの処分をするなら東京のこちらにお任せください。|ダスト商会
不用品回収を横浜市青葉区で依頼するならこちらの業者へ|つる家
粗大ごみは神戸で選ばれている業者がおすすめ◆ハロークリーンセンター

Designed by Sash and Case